【お金の借りすぎには注意】消費者金融の日掛けとは?

消費者金融の日掛け金融

消費者金融の中には、日掛け金融という名前の消費者金融があります。これは一般的な呼び名で、法律的にこの日掛け金融は何と言うのかというと、日賦貸金業者という名前です。消費者金融の日掛け金融というのは、おもには個人向けの消費者金融ではなくて、飲食店を経営している人などに融資を行って、毎日営業しているお店に、集金に来て、融資していたお金を回収していくという方法の消費者金融です。消費者金融の金利というのは出資法で上限金利は29.2パーセントくらいになっているのが常識の範囲ですが、出資法の特例があり、この特例で日掛け金融業者については、なんと54.75パーセントもの金利で融資をすることが可能となっています。これは一般の消費者金融の金利の倍以上の額になっていますが、それでも利用する人というのはいるのです。なぜ消費者金融の日掛け金融はこんなにも高金利が可能になっているのでしょうか?その理由というのは、日掛け記入業者というのは零細業者がほとんどです。これが理由の一つ目になります。そして他の貸金業とは、一緒に行ってはいけないことになっています。一般的な消費者金融は振込は借り入れた本人が返済をするというのが流れになっていますが、毎日毎日借り入れをしている人のところに行って集金をして回収をしなければならないということは手間もかかりますし人件費などのコストも必要になってくるということから、消費者金融の日掛け金融業者からの借り入れはかなり金利が高くなるということになるわけです。

ではこんなにも一般的な消費者金融に比べると金利が高い日掛け金融業者を使う飲食店というのはどんなところなのでしょうか?飲食店といっても、毎日の売上が黒字でそこそこの売上があれば、銀行などの金融機関からもお金を融資してもらえるのですが、赤字続きで経営存続自体が困難になっているような飲食店の場合には、銀行をはじめ、まともな消費者金融からは借入が難しいと思います。ですから消費者金融で借りられない飲食店が日掛け金融などから借りざるをえない状況になっていると思います。54.75パーセントなんていう金利は今の消費者金融では絶対に考えられないような金額なので、絶対に手を出してはいけませんが、それでも手を出してしまう人は多いといわれています。飲食店経営者の人は、金利が高くてもお金が必要だったら目をつぶるかもしれませんが、できるだけ他の方法を探した方がいいでしょう。

消費者金融で名前を使われたら

消費者金融で融資に勝手に自分の名前を使われてしまったらどうなるでしょうか。消費者金融では本人ではないのに名前を勝手に知らない場所で使われて、なんと借金が出来、そして気がつくと返済していないために、取り立てが行われているというのは意外にも多いといわれています。この場合、名前を使われてしまったということで、名前を使われた本人が泣き寝入りをして消費者金融への返済をしていかなくてはいけないと思いますか?これは消費者金融への返済をする責任というのは原則はないとされていますが、もしも自分が承諾したうえで名前を貸していて、貸した相手が返済が出来なくなって自分のところに返済の責任が来てしまったという場合には、それは自分に返済する責任が出てきますから十分に注意しましょう。消費者金融での名前貸し行為自体が禁止されています。ですから、名前を貸すということ自体やってはいけませんので、了承して承諾したうえであっても名前は貸してはいけません。本題に戻りますが、もしも自分が知らない間に消費者金融で名前を使われた上で融資が行われていて、取り立てが自分のところに来てしまったという場合には、取り立てをしている人に対して内容証明郵便をまずは出します。そして自分には支払い義務がないということを伝えましょう。代替の場合は、この内容証明郵便を出すだけで取り立てが収まるといわれています。

しかしながら、消費者金融の中には内容証明郵便を出したとしてもまだ取り立てをしてくるところもあります。そんな場合には、債務不在確認訴訟というものをすることになります。これは裁判所に行って、自分には借金はないということを認めてもらうという裁判のことをいいます。できるだけこれを起こすことがない程度に早く終結すればいいのですが、解決しないようであれば、債務不在確認訴訟を起こすしかありません。もしも名前を使った相手に全く見覚えがないという場合には、この件についてもきちんと警察に届けを出した方がいいですし、繰り返し名前が使われているということになれば、これは組織的犯罪、悪質な犯罪になりますから、こちらも被害届を出した方がいいと思います。家族や知人に名前を勝手に使われて消費者金融でお金を融資されているというのであれば、こちらも早めに対処して、なんとかしなければ取り返しのつかないことになるかもしれませんから注意しましょう。消費者金融のトラブルの中でも結構あることです。

消費者金融と担保

消費者金融の担保というのは、もしも消費者金融から借りたお金を返済することが出来なくなってしまったという場合には、物をで返さなければいけなかったり、その自分が持っている資産を売ってお金を返済しなければいけないことを担保といいます。実は消費者金融の担保には民放で4つが決められています。まず一つ目は、留置権と呼ばれるもので、消費者金融の留置権は、債権の弁済がしっかりと受ける時までその資産等を留置することが出来るというものが留置権です。それは先取特権と呼ばれるものがあります。こちらは法律に決められている規定のもとで他の債権者よりも先に、弁済が受けられるという特権のようなもので、この中には家や不動産などの担保以外にも消費者金融を利用した人の給料も特権として差し押さえることが出来るようになっています。そして三つ目は質権というものがあります。これは消費者金融を利用した債務者から受け取ったものを占有して、その受け取ったものを優先的に債権の弁済に回してもらえるというような権利のことをいいます。質権の対象はどんなものがなるのかというと、たとえば債権などもその一つとして対象になり、保険金受取請求権も債権の一つとして生命保険などで受け取れるお金なども担保になるということになります。そして最後の担保は、抵当権と呼ばれるものです。こちらは債務者の占有を移動することなく不動産などについて優先して弁済を受けられる権利となっています。

消費者金融の担保は、これ以外にも、特別法で決められている担保があったり、判例のもとで許可されている担保などもあります。判例で許可されている担保というのは、譲渡担保と呼ばれていますし、再び売買するときの予約なども担保に入ります。消費者金融では、担保付きのローンから無担保ローンまで色々とありますが、できるだけ担保のないローンを選んだほうがいいでしょう。今現在住んでいる家が持家であった場合には、消費者金融への支払いが困難になった場合は、持ち家を手放さなくてはなりませんから、出ていくことになり住む場所を失います。消費者金融を利用する際には、十分に担保については理解したうえで利用しましょう。担保がついている消費者金融のローンは無担保のものに比べると上限の借り入れ額が大きいことが多いですが、自分の必要な金額だけを借り入れるようにして、必要以上の大きな借り入れをしないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です